BA-TSUとは

ファッションは、風である。
ファッションは、環境である。
店は、見世(パフォーマンス)である。
ブランドは、花である。

ファッションとは、「変化」のことである。
変化し続けるということを、
唯一、変わらない現実とみなした
クリエーション活動である。
この「変化」を象徴するものが「風」なのである。

風は、気分を運ぶメディアである。
時代は、モノを消費する時代から、
機能を消費する時代、情報を消費する時代を経て、
気分を消費する時代へとさしかかっている。
この「気分」こそ、「風」によってもたらされた
人間の感情の「変化」にほかならない。

BA-TSUとは、『×』のこと。
『×』とは、異なる主体が交わってできる『出逢いの印』です。
『×』とは、ドキドキやワクワクで動き出す『感動の記号』です。
『×』とは、次の一歩を踏み出すための『勇気のシンボル』です。
ファッションは、ドキドキやワクワクと出逢うこと。
“モノづくり”を通じて、出逢いの感動と心からの満足を追求し続けたい。
BA-TSUが提案しているのは、ファッションという変化のメッセージなのです。

『×』とは、単なる否定ではなく、人々が価値を言出せなかったものの、
生命をよみがえらせるための発見「破壊と創造」(デストラクション&クリエイション)
を意味している。